赤ら顔と生活

結婚式までに間に合う赤ら顔3つのブライダル対策

投稿日:


結婚式が控えているのに、赤ら顔・・・。

  • 一番綺麗なはずの自分に自信が持てない。
  • 写真やビデオに残したいのに、残したくない。
  • ベールをめくられた時、素直な気持ちになれない。
  • 結婚式のメーク、赤ら顔隠れる?肌持つかな?
  • ブライダルエステとか顔シェービングって大丈夫?

結婚式は嬉しいことなのに、赤ら顔のせいで不安しかなくてマリッジブルーの原因の多くが赤ら顔になっている。

そんな心配な状況になっていませんか?

確かに赤ら顔を1日・2日で治すというのは難しいです。

でも赤ら顔とわかっているなら、早めに対策をしておけばOK!

ブライダルに向けた赤ら顔をチェックしていきましょう。

ブライダルエステは赤ら顔でも大丈夫?

結論から言って、オススメしません。

ブライダルエステには、フェイシャルエステが含まれています。
フェイシャルエステは、洗顔・クレンジング・毛穴ケア・美白ケア・リンパマッサージ・リフトアップ・エイジングケアが施術の主流です。

洗顔やクレンジング、美白ケアやパックといった化粧品を使う場合、その成分が肌に合うとは限りません。

化粧品が高級であっても、それは赤ら顔にならないということではないからです。

刺激になる成分が入っていれば、当然毛細血管は拡張して赤ら顔になります。

毛穴ケアでの吸引機材、フェイスリフトアップの機材、こちらは肌に直接使うので摩擦や圧力で赤ら顔になりやすいです。

赤ら顔にならない人もいますが、赤ら顔がもっと赤ら顔になる可能性がありますので、ブライダルエステを考えるなら慎重になりたいところ。

ブライダルエステをやってみたい場合は、結婚式の直近は避けて遅くとも半年前にはやってダメだったときに対処できるようにするのがポイントです。

赤ら顔でブライダルシェービングはNG!?

顔の産毛を剃ることで、化粧のりがバッチリになるブライダルシェービング。

赤ら顔の場合、やはり注意が必要です。

ブライダルシェービングには、理容院でカミソリによる本格シェービングとエステ店で行われる電気シェーバーを使ったソフトシェービングがあります。

理容院での本格シェービング

本格シェービングは、産毛をキレイに剃るので結婚式のときの化粧が浮かずバッチリ決まります。

しかし、カミソリで剃るため肌への負担は大きいです。

ヒリヒリしてしまうこともあり、赤ら顔の場合は赤みが強く出てしまうことも・・・。

また、剃る前の泡が刺激となって赤くなることもあるので、式の直前にシェービングしたらヒリヒリして真っ赤になる可能性があるのでオススメしません。

どうしても本格シェービングしたいなら、1回試してみて大丈夫な事を確認してからが無難です。

エステでのソフトシェービング

カミソリを使ってのシェービングは資格が必要なので、エステサロンでは電気シェーバーのところが多いです。

カミソリとの違いは、産毛の剃り具合でシェーバーの方が毛が残ります。

肌のダメージはカミソリよりもシェーバーの方が少ないですが、シェーバーが肌に当たるので赤くなってしまうこともあります。

最近はエステでも、本格シェービングができるところが増えているので、ソフトシェービングがよかったのにカミソリで剃られた・・・なんてことが無いように事前確認しておきましょう。

ブライダルシェービングで失敗しないためには?

式の直前は疲れや緊張から肌の調子も普段と変わるので、1週間くらい前にシェービングして、万が一赤くなったときの対処ができる日数を置いておくことが必要です。

普段から肌の保護力を高めるスキンケアで、シェービングの肌ダメージを軽減できるようにしておけば、赤くなるのを防げます。

肌を守るのは皮脂だけではありません。
充分な水分と弾力肌も重視して、シェービングで角質を必要以上に削らせないことです。

特にコラーゲンやセラミド、弾力肌がポイントです。

赤ら顔回避!顔脱毛でブライダルシェービングいらず

結婚式までに余裕があれば、顔脱毛をやっておくとシェービングしなくても大丈夫なので赤ら顔になりません。

でも、顔脱毛で赤ら顔が酷くなってしまったらダメですよね。

だからといって、赤ら顔だからエステで脱毛はちょっと・・・と思って家庭用脱毛器を選んだら失敗してしまいます。

家庭用脱毛器は出力が弱く、効果が出るまで時間がかかります。

時間がかかるということは、照射回数も増えるので火傷のトラブルも考えれば、赤ら顔にはあまりオススメできないです。

何かあっても自己責任ですし。

なので、肌が弱くても大丈夫なエステサロンで顔脱毛を選択肢として考えてみては?

赤ら顔の場合、アトピーやニキビ、色素沈着とエステサロンで脱毛してくれるところは少ないです。

そんなトラブル肌でも、ディオーネなら大丈夫

3歳から脱毛できちゃう肌ダメージ0、痛み0のエステ脱毛です。

ディオーネ顔脱毛

鼻下・アゴ・頬・額(眉間含む)・襟足と、顔脱毛で可能部位がとても広範囲だから、ブライダルシェービングでリスク負わなくても先に毛を無くしておけばOK。

赤ら顔でも完全に大丈夫とは言い切れませんが、アトピーでもニキビでも脱毛が可能なエステサロンです。

自分の赤ら顔は顔脱毛ができるかどうか、カウンセリングは無料なので遠慮せずに聞いてみるといいですよ。


ディオーネ 美顔脱毛

やっぱり赤ら顔でもブライダルエステをやってみたい!

自分が主人公になれる結婚式は、MAXに綺麗な私を見て欲しいし、写真や映像に残したい。

ブライダルエステは、どうしてもやってみたい。

でも赤ら顔のままは嫌だし、もっと赤ら顔になってしまうのは避けたいところ。

ブライダル対策としては3つ紹介しました。

1.ブライダルエステは直近でやらないで、1週間前にやって赤ら顔になったときの対処ができる日数を置くこと。

2.普段からのスキンケアで、質の高い保湿をし多少のダメージでも赤ら顔にならないようにすること。

3.奥の手、エステサロンで顔脱毛を先にやっておくこと。

毎日の積み重ねが、赤ら顔で結婚式に慌てなくていい状態への最短距離です。

ステキな結婚式にしましょう!

白漢しろ彩

赤ら顔の原因は毛細血管の拡張

赤ら顔は血行不良や微弱炎症、ほてり、肌バリア機能の低下といった要因がありますが、その全てが毛細血管の拡張に繋がり赤ら顔になっています。

だから、毛細血管へ直接働きかける【しろ彩】がオススメ

定期購入の回数お約束はありませんので、単品よりも定期がお得です!

赤ら顔の人の86%が赤み軽減!白漢しろ彩

しろ彩

地中海プランクトンエキスと和漢植物エキスで赤みを軽減する実証試験済みの無添加化粧水です。

ニキビや炎症の赤みにもビタミンC誘導体で赤み軽減、乾燥やバリア機能低下の赤みにもラメラ構造技術でバリア機能をUPさせて保湿します!

-赤ら顔と生活
-, , ,

Copyright© 赤ら顔対策と治療法 やってはいけない赤ら顔対策とは? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.