赤ら顔と生活

就職活動の面接は赤ら顔だと不利!?

投稿日:2016年1月16日 更新日:


就職活動で、最後の難関である面接。
身だしなみも、質問されそうな返答もバッチリチェック済み・・・だけど赤ら顔。

お化粧で多少隠せる女性と違って、男性の場合は特に気になるところです。

赤ら顔だと就職活動で不利なのか、あまり気にしなくて大丈夫なのか知りたい人はチェック!

面接は顔で判断!?赤ら顔で落ちるのは避けたい!

面接官に一番見られる部分は、残念ながら「顔」です。

とはいっても、一般的には表情を見られています。
表情には人柄が出やすく、責任感・柔軟性・清潔感・協調性だけでなくポジティブなのかネガティブなのかも判ってしまいます。

ベテランの面接官だと、いくつか質問して表情を見るだけで、どこに配属するとどうなるのか?という光景が目に浮かぶくらい洞察力が鋭いです。

なので、赤ら顔だからというだけで落とされるとうことは、一般的にはありません

ですが、能力が同じくらいな人と比べられている時、赤ら顔の場合は不利に働くことも想定されます。

なぜなら、営業や受付といった得意先からの目があるので、能力が同じなら見た目が重視されるということです。

面接で赤ら顔が見た目で判断される根拠は?


会社によって、明らかに顔で選んでいるところもあります。

一番わかりやすいのが、テレビ局のアナウンサーです。
テレビという多くの人の目に顔を晒さないとなりません。

もちろん、テレビ局でお勤めされている方全員が美男美女というわけではありません。

配属先で有利不利があるということです。

逆に言えば、赤ら顔だと顔を晒す部署での採用が薄くなるということなので、その部署を志望しても内定を貰える可能性が減ってしまうということになります。

つまり、就職できる可能性が赤ら顔でない人と比べて下がります。

表向きは平等で判断しているということになっていますが、赤ら顔はマイナスに働くところがあってもプラスにはなりません

面接時のマスク着用はNG!赤ら顔を隠せない

赤ら顔だからと、面接時にマスクで顔を隠すのはマナー違反です。

マスクをしていると、声がこもってしまい面接官が聞き取りにくくなってしまうからです。

顔の半分が隠れてしまうため、質問に対しての表情がわかりません。

笑っているのか、真剣なのかというのも表情と声がきちんと伝わらないと誤解されることもあります。

もちろん、面接官に対して顔が隠れるマスクをするというのは失礼に当たる行為なので、赤ら顔をマスクで隠すことはやめた方がいいです。

赤ら顔だと面接の時どうしようと焦らないために


就活をする時点で、面接があることは想定されているので早めに赤ら顔対策をするのが賢い対策法です。

美容クリニックで治療するにしても、学生にとっては治療費が高額になるため、難しいところもあります。

まずは、普段の生活の見直しが重要であって、食事・飲み物と飲食でヒスタミンが多いものを減らしたり、ジャンクな食べ物を避けることで質の悪い脂質を減らすのもポイントです。

タバコも赤ら顔の要因になりますので、禁煙するのがいいでしょう。

後は、保湿作用が高く赤ら顔に有効な消炎成分も多い美容液や化粧水を早めに使い始めることです。

コンシーラーで隠せない男性は特に。

面接直前になって「赤ら顔どうしよう・・・」と慌てても、赤ら顔対策を早めに始めなかったのは気が付かなかったではなく、自分を見ていなかったということです。

自分をちゃんと見れない人が、面接官に良く見てもらおうなんて甘いです。

赤ら顔を放置して面接で不利になっても、全てが自己責任。

後悔しない選択をしましょう。

白漢しろ彩

赤ら顔の原因は毛細血管の拡張

赤ら顔は血行不良や微弱炎症、ほてり、肌バリア機能の低下といった要因がありますが、その全てが毛細血管の拡張に繋がり赤ら顔になっています。

だから、毛細血管へ直接働きかける【しろ彩】がオススメ

定期購入の回数お約束はありませんので、単品よりも定期がお得です!

赤ら顔の人の86%が赤み軽減!白漢しろ彩

しろ彩

地中海プランクトンエキスと和漢植物エキスで赤みを軽減する実証試験済みの無添加化粧水です。

ニキビや炎症の赤みにもビタミンC誘導体で赤み軽減、乾燥やバリア機能低下の赤みにもラメラ構造技術でバリア機能をUPさせて保湿します!

-赤ら顔と生活
-,

Copyright© 赤ら顔対策と治療法 やってはいけない赤ら顔対策とは? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.