これだから赤ら顔なんです

赤ら顔で洗顔するときに注意する3つのポイント

更新日:


赤ら顔の人が洗顔する場合、ただ洗えばいいというわけではありません。

男性は水だけなんて方も多く、女性はお化粧をするのでクレンジングを使ったW洗顔が多いです。
ただの作業になっていませんか?

洗顔は赤ら顔が悪化する原因にもなり、逆に赤ら顔対策ができるのも洗顔です。
ここを抑えておくと、赤ら顔が良くなるか悪くなるのか差が出るくらい影響がありますので、しっかりポイントを把握しておくことです。

洗顔で注意する3つのポイント

洗顔するときに、とても注意しなければならないことがあります。

1.洗顔料やクレンジングの成分
2.洗顔方法
3.洗顔後のケア

ポイントは、この3つです。

洗顔料やクレンジングの成分チェック

洗顔に使う石鹸やクレンジング。
汚れを落とすことだけ注目してはいけません。

成分はしっかりチェックです。
合成界面活性剤や合成ポリマー入っていませんか?
化学成分が、赤ら顔に良いわけがありません。

天然成分や有効成分で相殺効果があるものを選びましょう。
毒性が強い成分が入っているものは避けるのが基本です。

また、ピーリング作用がある場合も注意が必要です。
赤ら顔で皮膚が薄くなっている場合は、ピーリングすることで余計皮膚が薄くなり真っ赤になってしまうことがあるからです。

クレンジングも洗顔料も、汚れを落とすことが主です。
なので高級成分じゃないとダメということはありません。
しかし、肌を削り過ぎたり刺激を与えてしまう成分は避けるようにしましょう。

赤ら顔の場合の洗顔方法

クレンジングは種類が色々ありますが、ジェル系が一番無難だと思います。
同じ赤ら顔でも肌質がそれぞれ違うわけですから、オイル系がいいとかクリーム系がいいとか断定はできませんので、万能なジェル系というわけです。

メイクを落としたり、脂汚れを落とすクレンジングは擦りがちですが、その辺は加減をして優しくクルクルします。
成分は保湿力があった方が、肌ストレスを軽減できますし、多少なりとも皮脂を奪いますので脂性肌でなければ乾燥します。

洗顔料は汚れを落とすもので、メイク汚れや皮脂汚れは落しにくいです。
なので、男性も実は化粧をしていなくても定期的にクレンジングをした方がいいですね。

洗顔料も成分チェックは欠かせませんが、なるべく泡で洗うことです。
手のひらでも、摩擦がありますので泡で洗って肌への刺激を極力減らします。

クレンジングと洗顔料で共通することは洗い流すお湯の温度。
お湯が熱いと必要な皮脂も流れてしまい、洗浄力が強くないものを選んだ意味が無くなってしまいます。
人肌よりも、もっとぬるめの30度くらいで洗うと、温度で必要な皮脂が落ちないです。

赤ら顔の洗顔後のケア方法

洗顔は泡たてネットでふんわり洗顔後、タオルで拭き取ります。
その拭き取りが要注意です。

擦ってはいけません。
軽くポンポンと優しく叩くように、摩擦を起こさないように注意しながら拭き取ります。

赤ら顔の人の皮膚は、毛細血管が目立つくらいなので薄い人が多いです。
擦るという行為は皮膚を剥がすことに繋がります。

またタオルも乾いた柔らかいものを使うのがポイントです。
誰かが使っていたり、湿ったタオルは雑菌の繁殖が想像以上にとても速いです。
さらに皮膚がめくれると、傷ついた皮膚から雑菌が進入します。

また湿っていると摩擦も大きくなるので、皮膚を剥がしかねません。
接触による刺激、感染症の可能性と赤ら顔を促進してしまう原因になってしまいます。

傷ついた皮膚に雑菌が繁殖、これでジュクジュクになる炎症が起きてしまいます。
毛細血管の拡張による赤ら顔に加えて、炎症による赤ら顔にもなってしまうのです。

特に男性の赤ら顔の場合、泡たてネットを使ったり、ふんわりタオルなんて使わない場合が多いので洗顔で赤ら顔が悪化する場合が多いです。
力任せの洗顔、これだけは避けたいところ。

赤ら顔にならない洗顔

洗顔で注意する3つのポイントを守って、洗顔で悪化させないことが重要です。
洗顔での保湿だけで肌の調子が良くなることも充分ありますし、古い角質が落ちただけでキレイになることもあります。

でも、クレンジングや洗顔料は汚れを落とすことが目的です。

一番重要なのは、赤ら顔の悪化要因になる汚れを落とすのにダメージを受けないこと。
それで、保湿や消炎、エイジングケアもできればいいなーというくらいでいいのではないでしょうか?

洗顔が赤ら顔を促進させていませんか?
洗顔だけで赤ら顔の状態がガラっと変わることもありますよ。

白漢しろ彩

赤ら顔の原因は毛細血管の拡張

赤ら顔は血行不良や微弱炎症、ほてり、肌バリア機能の低下といった要因がありますが、その全てが毛細血管の拡張に繋がり赤ら顔になっています。

だから、毛細血管へ直接働きかける【しろ彩】がオススメ

定期購入の回数お約束はありませんので、単品よりも定期がお得です!

赤ら顔の人の86%が赤み軽減!白漢しろ彩

しろ彩

地中海プランクトンエキスと和漢植物エキスで赤みを軽減する実証試験済みの無添加化粧水です。

ニキビや炎症の赤みにもビタミンC誘導体で赤み軽減、乾燥やバリア機能低下の赤みにもラメラ構造技術でバリア機能をUPさせて保湿します!

-これだから赤ら顔なんです
-, , ,

Copyright© 赤ら顔対策と治療法 やってはいけない赤ら顔対策とは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.