赤ら顔の原因

赤ら顔の原因は毛細血管の拡張が問題だった!

更新日:


赤ら顔の原因にはいくつかあります。
一番多いのが『毛細血管の拡張』です。

怒る・恥ずかしい・息を止める・温度差・お酒を飲むなど、一般的な火照りとされるものは毛細血管が拡張したために赤く見えるのです。

肌が白い人、皮膚が薄い人は、その毛細血管の拡張が目立つので赤ら顔に見えます。
色黒な人が赤ら顔って、あまり見かけませんよね?
本当は赤ら顔でも、目立たないというのもあります。

慢性型赤ら顔で常時肌が赤くなっている原因

赤ら顔で悩んでいる人は、一時的に毛細血管が拡張しているのではなく、常時毛細血管が拡張してしまっています。
別に熱も無く、怒ってもいなく、普通にしてても。

色が白いだけで赤ら顔が慢性化することはありません。
色白の人でも、常時赤ら顔では無い人が大半だからです。

どうして常に毛細血管が拡張してしまっているのでしょう?
それにもいくつか理由があります。

・活性酸素
・ステロイドなどの副作用
・接触による刺激
・紫外線の影響
・食べ物
・皮膚バリア機能の低下

毛細血管が常時拡張しているということは、そうしなければならない意味があるわけです。
その1つ1つを潰していけば、赤ら顔も良くなってくるはずです。

唐突ですが、貧血で倒れたことがありますか?
その時の自分の顔、赤ら顔ではなかったのではないでしょうか?
そうだよ、真っ青だった・・・というかたは毛細血管が問題です。

同じだったよという方は、血管ではなく肌の表面の問題です。
色素沈着・シミ・肝斑といったことを疑うか、赤ら顔ではない可能性も。

赤ら顔の原因の皮膚の炎症

皮膚の炎症は、傷や吹き出物、皮膚炎などで起こります。
皮膚が炎症しているので、毛細血管が拡張し、赤ら顔に見えるというわけです。

また皮膚の炎症は、薬害・化学物質の反応・アレルギー反応もあります。
肌に合わない化粧品や洗顔フォームなど、顔に付けるものでの刺激。
葉っぱに触れたり、食べ物のアレルギー症状。ステロイドやプロトピックなどの薬の副作用。

皮膚炎に含まれるアレルギーは、接触・金属・食物・アレルゲン各種など、非常に多いです。

炎症による赤ら顔は、炎症の元を治してしまえば治まります。
炎症をしている原因を突き止めて改善すれば、自然に赤ら顔も良くなるということです。

顔につけている化粧品・クレンジング・保湿剤、原材料の成分がどんなものなのか知っていますか?
アトピーで医師に処方されたステロイドやプロトピック、正しい使い方知っていますか?

赤ら顔を良くしたいのなら、自分が顔に何を使っているのかを、きちんと知っておくといいですよ。
お肌の管理は自分で!これが炎症による毛細血管の拡張を少なくするポイントです。

毛細血管の拡張が赤ら顔の原因の一つです。
赤ら顔対策するには、原因究明が不可欠ですね。

白漢しろ彩

赤ら顔の原因は毛細血管の拡張

赤ら顔は血行不良や微弱炎症、ほてり、肌バリア機能の低下といった要因がありますが、その全てが毛細血管の拡張に繋がり赤ら顔になっています。

だから、毛細血管へ直接働きかける【しろ彩】がオススメ

定期購入の回数お約束はありませんので、単品よりも定期がお得です!

赤ら顔の人の86%が赤み軽減!白漢しろ彩

しろ彩

地中海プランクトンエキスと和漢植物エキスで赤みを軽減する実証試験済みの無添加化粧水です。

ニキビや炎症の赤みにもビタミンC誘導体で赤み軽減、乾燥やバリア機能低下の赤みにもラメラ構造技術でバリア機能をUPさせて保湿します!

-赤ら顔の原因
-, , , , , ,

Copyright© 赤ら顔対策と治療法 やってはいけない赤ら顔対策とは? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.