赤ら顔の原因

皮膚バリア機能の低下が赤ら顔を悪化させている!

投稿日:2015年10月15日 更新日:


赤ら顔の人は皮膚バリア機能が低下しています。
生まれつき皮膚バリアが低下している人も多いのですが、次第に低下していって赤ら顔になった人もいます。

皮膚バリアとは乳化状態の薄い膜で、水と油を覆っています。
主な機能は
・皮膚を柔らかくする
・外部の刺激からの保護
・気温の変化に対応
・皮膚表面の殺菌
・肌の保湿
・ターンオーバー正常化 など実に多いです。

では皮膚バリアが低下すると、どんな弊害があるのでしょう?
・保湿機能が衰え乾燥肌になる。
・外部からの刺激に弱くなり、敏感肌になる。
・外部から雑菌が進入しやすくなり、お肌のトラブルや二次感染が増える。
・角質層が不十分な厚さの状態になり、大人にきびや毛のう炎などの原因となる皮膚のつまりを起こす。
・水分を確保しようと余計な皮脂分泌が増えるが、それが元で大人にきびや毛のう炎などが増える。
・シワが増える。

皮膚バリア機能が低下するとどうなるの?

皮膚バリア機能が低下すると、肌が乾燥することで表皮に亀裂が入り、その細かい亀裂から刺激を感じて痒みがでます。
刺激を感じて伸びてきた神経細胞は、角質層のすぐ下まで達して、衣類の摩擦やホコリなどのアレルギー・化粧品などの付着物にも敏感にしてしまいます。

痒みは外部からの刺激から起こることが多く、皮膚バリアが低下していると雑菌にも弱くなっています。
掻いて傷になると治りも遅く、雑菌が肌内部に侵入しやすいので、繁殖して化膿したりジュクジュクになったりしてしまいます。

余計な脂が多いので、乾燥肌でガザガザなのに肌は潤わず、大人ニキビもできやすいです。
芯があるような、大きい吹き出物は肌内部の血管から浸透してくる過酸化脂質で出来やすくなります。
顔が炎症しやすいので赤ら顔は促進されてしまいます。

皮膚バリア低下でさらに皮膚の温度調節が出来なくなり、外気で火照りやすく冷えやすい皮膚に。
温度調節が出来ないということは、毛細血管の拡張が起こりやすい状態になります。

正常なターンオーバーができず、皮膚が薄い部分と古い角質が残っている部分の両方ができて凹凸肌。
角質層が不十分な発達なので皮膚が薄く、敏感な肌と古い角質で鈍感な肌の両方を兼ね備えた浅黒い赤ら顔になり目立ってしまいます。

皮膚バリアが低下している、侮ってはいけません。
低下した皮膚バリア機能をどうやって改善していくか?
それが赤ら顔が改善するかどうかのキーポイントになります。

白漢しろ彩

赤ら顔の原因は毛細血管の拡張

赤ら顔は血行不良や微弱炎症、ほてり、肌バリア機能の低下といった要因がありますが、その全てが毛細血管の拡張に繋がり赤ら顔になっています。

だから、毛細血管へ直接働きかける【しろ彩】がオススメ

定期購入の回数お約束はありませんので、単品よりも定期がお得です!

赤ら顔の人の86%が赤み軽減!白漢しろ彩

しろ彩

地中海プランクトンエキスと和漢植物エキスで赤みを軽減する実証試験済みの無添加化粧水です。

ニキビや炎症の赤みにもビタミンC誘導体で赤み軽減、乾燥やバリア機能低下の赤みにもラメラ構造技術でバリア機能をUPさせて保湿します!

-赤ら顔の原因
-, , ,

Copyright© 赤ら顔対策と治療法 やってはいけない赤ら顔対策とは? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.