赤ら顔おすすめ化粧水ランキング!肌の変化がうれしいのはコレ!

赤ら顔のスキンケアはやっぱり化粧水から

赤ら顔対策にはスキンケアは欠かせません。
スキンケアを始めるなら、化粧水から始めるのが赤みを目立たなくさせる第一歩です。

イチオシ赤ら顔化粧水は赤みを短期間で抑える!

白漢しろ彩

白漢しろ彩


白漢しろ彩は、赤みの原因である毛細血管の拡張に直接アプローチする化粧水です。

赤ら顔の方の86%が赤み軽減を実感し、46%も赤みが減少した方も。

実際に使って赤みが減少したことが証明されている化粧水なので、実績が違います。

フランス地中海から抽出したプランクトンエキスと、カンゾウ・ブクリョウ・ショウガ・センキュウの和漢植物エキスで毛細血管の拡張を対策。

肌とラメラ構造と同じ製法の化粧品だから、浸透力が高く皮膚バリア機能もUP!

安心無添加で、皮膚科医検証済みの赤ら顔化粧水!

赤ら顔を抑える化粧水を選ぶ3つのポイント


赤ら顔でオススメする化粧水は、赤ら顔を悪化させる要因を避けなければなりません。
成分表示をみて、刺激の強い成分が入っていないかをチェックすることが必要です。

赤ら顔で化粧水を選ぶのに、絶対はずせない3つのポイントを教えます!

ポイント1:低刺激

毛細血管が拡張し、微弱炎症を起こしていたり刺激に弱い赤ら顔は低刺激に限ります。
無添加は当たり前、可能な限り肌に刺激を与える成分を排除した化粧水を選ぶことです。

また刺激を与えないだけでなく、肌の炎症を抑える消炎作用成分にも注目することで、化粧水を使ったら痒くなったり刺激を感じることを防ぎます!

ポイント2:皮膚バリア強化

赤ら顔は皮膚バリア機能の低下により、保湿不足・セラミド不足・水分保有力不足・ハリ不足・皮脂不足・ターンオーバーの乱れと、肌が正常に機能していません。
だから、保湿だけの対策でなく皮膚バリア機能全体を回復させることを考えるべきです。

皮膚バリアを強化することで、刺激に強く微弱炎症も減ることで毛細血管の拡張も目立たなくなります!

ポイント3:保湿力

保湿力の無いカサカサした肌は、水分が蒸発して痒みや刺激にも敏感な肌になります。
やはり保湿は重要なポイントです。

ただ、保湿するだけでなく水分を留めておく保有力と、せっかく増えた水分を蒸発させない皮脂も必要です。
水分保有力を高めるセラミドやヒアルロン酸、皮脂のように肌を保護するオイルにもチェックが必要です。

赤ら顔で使える化粧水 実力ランキング!

白漢しろ彩

赤ら顔のために化粧水を使うなら、毛細血管の拡張に対抗できる化粧水です。

地中海プランクトンエキスは、赤ら顔の人86%が赤みを減少

和漢植物エキスも、赤みをや肌荒れを抑えるカンゾウ、血の巡りをよくするセンキュウ、同じくショウガ、炎症を抑えるブクリョウにも入っています。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

ULUシェイクモイストミルク
ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクは、マイナスイオンの力で赤ら顔ケアで必要な3種のセラミドをスッと浸透させる化粧水です。

完全無添加だから、赤ちゃんから使える超低刺激。
一切余計な成分がありません。

ホホバオイルは皮脂に近いオイルで、肌を保護し殺菌作用もあります。
ノバラ油も抗菌作用や消炎作用があり、赤ら顔の炎症を抑える働きがあり、ホホバオイルと共に保湿力がグンと上がります。

スクワランの保湿、ヒアルロン酸の水分保持もあり、皮膚バリア機能を徹底強化!

リプロスキン

リプロスキン
リプロスキンは、ニキビの赤らみが気になる人の化粧水です。

ニキビやニキビ跡が原因で、赤ら顔になっていませんか?
リプロスキンなら男女問わず、ニキビの炎症やニキビ跡での赤ら顔を薬用成分や保湿成分でケアする化粧水です!

ブツブツやデコボコ、メークしても隠せない赤みはリプロスキンで気にならなくなります。
60日間の返金保証があるので、肌に合わないと損する心配がありません。

ニキビ・ニキビ跡に薬用化粧水で、ニキビによる赤ら顔とサヨナラしませんか!?

アカラフォーミュラ美容液

ヌーベルコスメティック

アカラフォーミュラは、赤ら顔専門の美容液です。

セイヨウサンザシエキスは、毛細血管のうっ血を抑制し、肌の炎症を鎮める作用があります。

アルニカ花エキスは、血行を促進させるので毛細血管が拡張して留まってしまった血液を流してくれます。

共に抗炎症作用や鎮静作用がある、赤ら顔に最適な天然成分です。

コラーゲンとヒアルロン酸も配合しているので、保湿力もあり皮膚バリアも強化!

特別価格で注文

ビタKレッドXトナー

ビタKレッドXトナー
ビタKレッドXトナーは、ビタミンK配合のドクターズコスメです。

赤ら顔にはビタミンKと言われるくらいですが、ビタミンKの化粧水は少ないです。

血液の巡りを正常化し、停滞して血管を拡張させた部分が減っていけば赤ら顔も自然と改善。

皮膚の専門家が作った化粧水だから、安心と信頼がおける化粧水です!

赤ら顔で使う化粧水の違いは水にありました!

化粧水の大部分を占めるのは水です。
どんなに優れた成分が配合されていても、水が1番重要な成分になります。

肌の変化を実感しないと感じたことはありませんか?

保湿力も優れて、セラミドも多いのにあまり実感できない・・・そんな経験ありませんか?
それは成分の浸透力が無い可能性があります。

成分を浸透させるには、水溶性・低分子化・ナノ化と浸透しやすい加工がなければ、高分子のまま肌表面に残るだけです。
つまり浸透力が無い化粧水は実感できない!

肌が欲している成分の浸透力がある化粧水は実力を充分に発揮できます!

マイナスイオンの吸引力でスッと浸透する化粧水

ULUシェイクモイストミルクで使われている水は、セラミドをたっぷり溶かしたマイナスイオンの特殊浸透水です。

特殊浸透水の動画を観ると、精製水と比べてあっという間に浸透しています。

特殊浸透水に溶け込んでいるセラミドは、保湿力の高いセラミド2、水分保持のセラミド3とセラミド6Ⅱの3種です。

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

ULUシェイクモイストミルク
ULU(ウルウ)シェイクモイストミルクは、赤ちゃんも使える安心成分。
赤ら顔にはコレ1本でOKです!

赤ら顔で赤くみえてしまうのは、毛細血管の拡張によるもの。
ウルウなら、マイナスイオンの吸着力で3種のセラミドを角層へ浸透して皮膚バリア機能を強化します。

皮脂不足による刺激や細菌への弱さも、保湿してもすぐ乾いてしまう肌も、ホホバオイル・ノバラオイルがキッチリガード!

化粧水・乳液・美容液・導入液・ふき取り洗顔の役割を1本あればできるオールインワン!

投稿日:2015年11月25日 更新日:

Copyright© 赤ら顔対策と治療法 やってはいけない赤ら顔対策とは? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.